【スタッフ高津のエンカノヘキ】地元愛媛県の笹倉湿原から稜線を上がって筒上山(1,859m)へ行ってきました。

こんにちは、アウトドアーズ・コンパスの高津です。

ブログのタイトル"エンカノヘキ"は漢字で書くと煙霞の癖と書きますが、

霧・雲・霞の沸き立つ所を好んで歩く趣味、つまり自然の風景を愛し、旅を好む習性のこと。

今から1,000年以上も前にあった言葉です。

雲海を見るとテンション↑なのは大昔から受けつがれているということでしょうか。


さて、今回は地元愛媛県の笹倉湿原から稜線を上がって筒上山(1,859m)へ、

下りは丸滝尾根を伝って長尾尾根展望所へ下山しました。

この丸滝尾根は石鎚スカイラインが開通する昭和45年以前には長尾道と言われ、

よく使われていた道でしたが、現在は笹漕ぎ、倒木が道を塞ぎ、踏み跡は無いに等しいです。

違う尾根に入り込まないようにGPSで確認しながらの下山となりました。


笹倉湿原への道中ではヤマシャクヤクがたくさん咲いていました。

5日前にも来たのですが、その時はまだつぼみのものが多く、コロコロした丸いつぼみが可愛らしかったです。

笹倉湿原に到着。

この5日前にはたっぷりと水を蓄えて水面が鏡のようになっていました。

水は澄みきっていて綺麗でした。

笹倉湿原は水の量でこんなにも違うんですね。

湿原からは少し笹を漕いで稜線へ出ます。

目指す筒上山(左)。

今日は愛媛県で今年初の真夏日を記録するほどの暑さでした。

こんな時はこまめな水分補給が大事です。

すぐにボトルが取り出せるショルダーハーネスに取り付けられるドリンクホルダーがおすすめです。

稜線からは地元愛媛県の名峰石鎚山(1,982m)がず~っと見えています。

北アルプスの槍ヶ岳のような尖った形に見えます。

原生林は気持ちよく歩けます。

岩場ではこれでもかというほどのシャクナゲ。

美しさに疲れも忘れます。

ヒカゲツツジも。

見どころたっぷりの稜線を満喫して筒上山の登山道と合流。

山頂に来ました。ずっと見えていた石鎚山を指しています。

筒上山頂から来た道を眺めつつ下山。

シロヤシオ、この木だけ満開でした。

今回は土小屋まで下らずに丸滝尾根を下ります。

ひたすらヤブを漕いで下ったり登ったり。倒木を何本も乗り越え。

長尾尾根展望所へ下山。パンツを一本裂いてダメにしました。

デポしたあった自転車で車を回収しにいきます。

昔の長尾道は面河本谷へとまだまだ続くのですから、気が遠くなりそうです。

先人の苦労が偲ばれる山行でした。それではまた。


こちらの記事は愛媛県松山市のアウトドアショップ"アウトドアーズ・コンパス"実店舗店頭の最新情報です。

※記事内でご紹介している商品は楽天市場店のキャンペーン等のご案内において同様の内容でない場合がございます。楽天市場店のキャンペーン等につきましては楽天市場店にて直接ご確認をいただきますようお願いいたします。​​​​​​​​​​​​​​​​​

アウトドアーズ・コンパス http://www.kompas.co.jp/ お問い合わせはこちら

〒791-8013 愛媛県松山市山越5-5-11 TEL 089-922-6457 FAX 089-925-6727

平日11:00~20:00(火曜日定休)、土日祝10:00~19:00  本日の店舗営業情報はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000