チョークもコンディションで使い分ける時代。GRASP入荷しております。

こんにちは。アウトドアーズ・コンパス 多田です。

10年前には、数えるほどしかなかった、クライミング用のチョークですが、

今や放ってはおけないほど、種類が豊富です。

さらにチョークだけにはとどまらず、チョークの乗りが良くなる下地なる物も多く存在します。

今回取り扱いを始めたGRASP(グラスプ)も、このブームの中で生まれたチョークです。 

GRASPを製造するGREENTECHNO21(グリーンテクノ21)は、国内トップクラスの、スポーツ用滑り止め材を作る、佐賀県の会社のようです。 

炭酸マグネシウムや炭酸カルシウム、卵殻を用い、黒板チョークや運動場の白線の粉など、あらゆる商品を作るこの会社が、
この度、世界的なトップクライマーとして活躍されている、小山田大氏監修のもと作り上げたのが、このGRASPです。

コンディションによって

「レギュラー」 

「ハイグリップ ウェットコンディション」 

「ハイグリップ ドライコンディション」 

の3種類があります。

それぞれ、各成分を絶妙なバランスで調合し、そのコンディションに最適な指への馴染みを実現しています。

ここ2ヶ月ほど3種類を使ってきたのですが、確かにその違いを感じることができます。

例えば、1ヶ月ほど前の涼しい岩場。

指は割と乾いていたように思います。

そこで、ウェットコンディションを手に馴染ませるとどうでしょう。あまり付きが良くない。

ウェットコンディションは、手に汗をかきやすい状況で力を発揮するように作られているもの。指がパリパリの状態の場合には、あまり向かないようです。

逆にドライコンディションは、馴染みが良く、もちも良く感じられました。

梅雨入りした最近では、ダントツにウェットコンディションがおすすめ。

馴染みも良く、グリップも良好です。

適材適所、というわけです。

また、それぞれを混ぜ合わせて、自分のお好みに仕上げて使うのもあり。

ぜひお試しください。

さらに、この四月に新しく仲間入りした、チョークボールもおすすめ。 

こだわりのきめの細かい布を自社縫製し、手触り、馴染みが良い。

実際に使って見て、餅を触るような手触りは、くせになりそう。

よくある、使い始めはチョークが出にくく、使い込んでいくうちにドバドバチョークが漏れてくるということもなく、
きめが細かい、吸湿放湿性に優れる生地のおかげで、使い始めからストレスなく使用し続けられる。

封入されてあるチョークは、ウェットコンディション。

実は、このチョークボールが1番おすすめです!

徐々に売れてきています。
今なら全て在庫は揃っていますので、気になる方はぜひお試しください。

それでは、お待ちしております。 


こちらの記事は愛媛県松山市のアウトドアショップ"アウトドアーズ・コンパス"実店舗店頭の最新情報です。

※記事内でご紹介している商品は楽天市場店のキャンペーン等のご案内において同様の内容でない場合がございます。楽天市場店のキャンペーン等につきましては楽天市場店にて直接ご確認をいただきますようお願いいたします。​​​​​​​​​​​​​​​​​

アウトドアーズ・コンパス http://www.kompas.co.jp/ お問い合わせはこちら

〒791-8013 愛媛県松山市山越5-5-11 TEL 089-922-6457 FAX 089-925-6727

平日11:00~20:00(火曜日定休)、土日祝10:00~19:00  本日の店舗営業情報はこちら

0コメント

  • 1000 / 1000